地獄の破門状 一般

豪華出演陣で贈る、アクションもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大正の末期。芸人の小磯菊次と片岡小新が、俵屋一家に因縁をつけられたのは、浅草で農民救済の慈善興行をしていた時だった。菊次は、俵屋の次男坊宗吉に助けられたものの小新の弟直八は一家の惨い仕打ちを受け、手助けを頼んだ本堂親分は、その手打の席上で水銀を飲まされる始末だった。それから2年。菊次は浅草から行方をくらませ、宗吉は兄から離れ小料理屋を始めた。一方芸者に身を落した小新は、島蔵の囲い者にされようとしていた。直八はそんな姉を守り、防波堤になっていた…。


解説

『BG・ある19才の日記 あげてよかった!』の山崎巌と『昭和のいのち』の舛田利雄が脚本を共同執筆し、舛田利雄がメガホンをとったアクションもの。撮影は『女の警察』の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
小林旭 (Akira Kobayashi)小磯菊次
宍戸錠 (Jo Shishido)バイオリンの常
高橋英樹 (Hideki Takahashi)俵屋宗吉
渡哲也 (Tetsuya Watari)松旭斎直八
浅丘ルリ子 (Asaoka)片岡小新
三条泰子美奈月水仙
丘みつ子玉江
小杉勇小磯岩松
水島道太郎本堂理市
深江章喜俵屋島蔵
弘松三郎杉田軍次
久遠利三田村七郎
岡崎二朗
郷英治古沢武
杉江広太郎疵留
木島一郎松木
河上喜史郎宮田康平
山田禅二東家若燕
野呂圭介柳家ちん太
黒田剛林家目助
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)大龜
桂小かん小龜
森みどり漬物屋のおけい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック