クレージーの無責任清水港 一般

お馴染み、クレージーの面々が出演の時代喜劇もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東海道清水港。売出し中の清水次郎長も経済成長のひずみで一家の台所は火の車。そんなところへ、信州は沓掛の生れの風来坊追分の三五郎がやってきた。しかしこの三五郎は一宿一飯の恩義で、肩のこる思いをするのは真平と、次郎長一家へ草鞋を脱がず、腹をへらしたあげく、無銭飲食で牢へ入った。一方、次郎長一家では、大瀬の半五郎がふとしたことから、次郎長一家の売り出しを恨む鷹岡の勘助の身内と喧嘩になり大瀬の半五郎の身代りを買ってでた、人の良い石松が牢暮しの破目におちいった。


解説

『花のお江戸の法界坊』の小国英雄がシナリオを執筆、『ここから始まる』の坪島孝が監督した時代喜劇。撮影は『若い娘がいっぱい』の小泉福造。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
植木等 (Hitoshi Ueki)追分の三五郎
谷啓 (Kei Tani)森の石松
ハナ肇 (Hajime_Hana)清水次郎長
団令子女房お蝶
平田昭彦大政
中山豊小政
当銀長太郎増川仙右衛門
石田茂樹法印大五郎
土屋嘉男大瀬半五郎
浜美枝 (Mie Hama)お雪
高橋紀子お美代
横山道代 (Michiyo Yokoyama)お杉
沢村いき雄千松屋の主人
加藤春哉みろくの亀吉
藤木悠大河原玄蕃
小杉義男大場の熊蔵
松本染升鷹岡の勘助
安田伸上州大間間の新助
石橋エータロー上州大間間の弟清次
田崎潤 (Jun Tazaki)横山隼人
関田裕関東綱五郎
桐野洋雄桶屋の鬼吉
小山光男相撲常
田武謙三目明し多吉
桜井センリ下っ引紋太
塩沢とき色っぽい年増
谷昇囚人A
大村千吉囚人B
大前亘囚人C
向井淳一郎牢番頭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック