続次郎長富士 一般

大映オールスター出演の娯楽時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

黒駒の勝蔵を倒して清水へ引上げてきた次郎長に、新しい押しかけ子分七五郎が待っていた。七五郎は、石松も顔まけの短気な男だ。石松と七五郎は、桝川の仙右衛門の仇討を買って出、八角一家を斬りまくった。次郎長の命で、3人は旅に出た。七五郎は旧友のお役者の政に会い、政の女出入りの傍杖をくった。反次郎長派の親分平親王の勇蔵は、政のまちがいを利用し、次郎長陣営の仲間割れを図った。勇蔵の背後には、黒駒の弟分黒竜屋亀吉や、軍師格の新助らが糸を引いていた…。


解説

『大江山酒天童子』の八尋不二の脚本を『濡れ髪三度笠』の森一生が監督した娯楽時代劇。『銭形平次捕物控 美人蜘蛛』の牧田行正が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫清水次郎長
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)山上藤一郎
勝新太郎 (Shintaro Katsu)森の石松
本郷功次郎小松村七五郎
月田昌也役者の政
根上淳 (Jun Negami)無明の仙人
北原義郎大政
鶴見丈二小政
林成年鬼吉
舟木洋一半五郎
中村豊桝川仙右衛門
小林勝彦利三郎
近藤美恵子七五郎姉おゆき
阿井美千子お蝶
中村玉緒 (Nakamura Tamao)猩々のお亀
毛利郁子おぎん
浜田雄史ずんべら辰
石黒達也平親王勇蔵
香川良介黒竜屋亀吉
見明凡太朗 (Bontaro Miake)阪東の新助
伊達三郎 (Saburo Date)常吉
越川一三太
光岡龍三郎弥十
志摩靖彦庄右衛門
原聖四郎桝川十太郎
東良之助八角虎五郎
寺島雄作助造
小町瑠美子お玉
美川純子お花
杉山昌三九都鳥吉兵衛
千葉敏郎梅吉
水原浩一安吉
清水元津向文吉
南部彰三大和田友造
佐々十郎幸助
楠トシエお米
寺島貢布橋の兼吉
羅門光三郎小島の松五郎
尾上栄五郎鹿島の久松
荒木忍三河の為五郎
浜世津子おとみ
伊沢一郎豚松
南条新太郎津向の子分弥三郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック