蝦夷館の決闘 一般

加山雄三、三國連太郎主演の時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川幕府が崩壊寸前の元治元年初秋─北の果て箱館に江戸三界を食いつめた8人の男が向っていた。公儀御用達の回船問屋・越後屋が15両の報酬で集めた男たちの任務は、蝦夷館の当主次郎左衛門に拉致されている露国伯爵令嬢ワルサを救出することだった。館への途中、影六と喜三郎が湖で沐浴する次郎左衛門の娘・赤珠の衣裳を盗んだ。新兵衛は2人の謝罪にことよせて館に入り、次郎左衛門が代金を完納したにもかかわらず武器をとどけない露国に怒っていることを知った。


解説

柴田錬三郎の原作を、『水戸黄門漫遊記(1969)』の笠原良三と『華麗なる闘い』の大野靖子が脚色・潤色し、『クレージーの大爆発』の古沢憲吾がメガホンをとった時代劇。撮影は『日本海大海戦』の村井博が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1970)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
加山雄三 (Yuzo Kayama)江戸三郎太
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)宇佐新兵衛
安部徹 (Tooru Abe)後藤主馬之介
田中邦衛 (Kunie Tanaka)黒兵衛
大前均岩松
江幡高志喜三郎
谷村昌彦幻夢斎
高松しげお影六
金子信雄 (Nobuo Kaneko)越後屋嘉兵衛
山田はるみおりく
島田正吾 (Shogo Simada)蝦夷次郎左衛門
黒沢年雄 (Toshio Kurosawa)求馬
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)赤珠
マンモス鈴木ロシカ
北竜二 (Ryuji Kita)西条玄藩
香川良介阿部豊後守
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)本圧大膳亮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック