兵隊やくざ 一般

“勝新”主演の兵隊もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和18年、極寒の地ソ満国境に近い孫呉の丘に、関東軍4万の兵舎があった。そんなところに、浪曲師の門を追われ、やくざの用心棒をやっていた大宮貴三郎が他の新兵といっしょに入隊してきた。そして、この貴三郎の指導係を命じられたのが、名門生れのインテリで幹候試験をわざとすべった3年兵・有田であった。星一つちがえは天地ほどの隔りをもつ軍隊で、貴三郎の倣慢な態度は上等兵達の敵意を買った。中でも大学の拳闘選手だった黒金伍長は砲兵隊の権威をかさにきて貴三郎を痛めつけた。


解説

有馬頼義の原作“貴三郎一代”より『世界詐欺物語』の菊島隆三がシナリオを執筆『黒の超特急』の増村保造が監督した兵隊もの。撮影は『ごろつき犬』の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)大宮貴三郎
田村高廣 (Takahiro Tamura)有田上等兵
滝瑛子みどり
淡路恵子 (Awaji Keiko)音丸
成田三樹夫憲兵
北城寿太郎黒金伍長
早川雄三石上軍曹
仲村隆阿部軍曹
藤山浩二白井上等兵
夏木章衛兵司令
螢雪太朗木下一等兵
森矢雄二野木二等兵
渡辺鉄弥八束二等兵
九段吾郎炊事兵
内田朝雄 (Asao Uchida)中沢准尉
山茶花究桃中軒梅竜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック