新・三等重役 一般

源氏鶏太の同名小説を映画化したサラリーマンもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

KK世界電器は大阪にある。社長は外遊中で、独身の沢村専務が留守を預る。芸者のチコは彼が惚れてる夏代の経営する料亭竹水に出入するお酌だ。無理にバイヤーの相手をさせた代償に、テレビのコマーシャルに出せとしつこく言う。秘書の章子はオールド・ミスだが、沢村の弱身を皆にぎっている。─前の社長夫人鶴子会長は東京の取引先鬼塚商会の一人娘、舞子を入社させるよう厳命してきた。舞子を射止めたら、未来の鬼塚商会社長を約束されたも同然だ。独身社員どもは奮起したという。仕事熱心の八代だけが無関心だった。


解説

源氏鶏太の同名小説を映画化したサラリーマンもの。『奥様三羽烏』の沢村勉が脚色し、『サラリーマン出世太閤記 課長一番槍』の筧正典が監督した。撮影担当も『サラリーマン出世太閤記 課長一番槍』の遠藤精一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
森繁久彌 (Hisaya Morisige)沢村四郎
三條利喜江母しげ
新珠三千代 (Aratama Michiyo)箱田章子
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)八代波吉
加東大介鬼塚熊平
坪内美詠子妻麻子
雪村いづみ娘舞子
浪花千栄子宮口鶴子
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)夏代
高見淑子チコ
横山道代 (Michiyo Yokoyama)久美子
藤木悠武田彦太郎
柳川慶子古池ふみ子
宮田洋容荒尾年夫
布地由起江山崎岸子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック