喜劇 団地親分 一般

花登筐のオリジナル・シナリオを映画化した喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北大阪一帯を縄張りに持つやくざの親分大川重五郎には、東京の大学に籍を置いている愛娘エリ子がいる。そのユリ子が突然帰阪し、重五郎にやくざをやめてくれという。驚いた重五郎は、娘の身辺に何かが起ったと気づき、単身上京。東京の大親分江戸原一家に草鞋をぬぎ、娘の学友を尋ね歩いた。そこでエリ子が相原敏男という青年と恋愛中だったが、敏男の父が検事であるため結婚できないと悲観したためと判った。大阪に帰った重五郎は、乾分たちと緑を切りエリ子と共に“虹ケ丘団地”に越し、文化人として生活することになった。


解説

「秀才はんと鈍才どん」の花登筐のオリジナル・シナリオを、『風来先生』の市村泰一が監督した喜劇篇。撮影は『ひとり寝』の倉持友一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
伴淳三郎大川重五郎
芦屋雁之助十三の茂三
芦屋小雁保公
大村崑平吉
環三千世エリ子
榎本健一江戸原竜之助
佐山俊二
由利徹ジョー
南利明サブ
森繁久彌 (Hisaya Morisige)相原竹夫
ささきいさお相原敏男
花菱アチャコ五郎吉
立原博谷山
初音礼子山中
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)佐々木
堺駿二所長
茶川一郎所員
曽我廼家五郎八老刑事
藤田まこと (Makoto Fujita)団地の青年
正司歌江十三界隈の店舗の女中
正司照枝十三界隈の店舗の女中
正司花江十三界隈の店舗の女中
ミス・ワカサバーのマダム
南都雄二果実屋の主人
曽我廼家明蝶寿し屋の主人
秋田Aスケ団地の文化人
秋田Bスケ団地の文化人
ミヤコ蝶々おかみさん
トニー谷洋服屋
夢路いとしTVタレント
喜味こいしTVタレント
杉狂児菓子屋の主人
三木のり平ナイトクラブの男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック