大工太平記 一般

森繁久彌、藤田まこと主演の人情喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

太田三治は根っからの大工職人であった。三治は10歳になる息子伸一を、大工職人にするため、東京の友人井佐のもとへ修業に出す決心をしたが、その時、恋女房お浜に死なれ、伸一の東京行は一時延期となった。三治のやもめ暮しに同情した左官の木田万吉夫婦のはからいで、お文と再婚のため見合をすすめられたが、三治は、一向に気のりうすであった。お文は、玩具職人の亭主と死に別れた、朗らかで愛くるしい女であった。ある日仕事から帰った三治は、お文が女房然として、家の中でマメマメしく働く姿に度胆を抜かれたが、人のいいお文と、三治は、新しい世帯を持った。


解説

工匠平田雅哉の談義を、内田克巳が“大工一代”にまとめ、八住利雄が脚色、『四谷怪談(1965)』でコンビの豊田四郎が監督した人情喜劇。撮影もコンビの村井博。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
森繁久彌 (Hisaya Morisige)太田三治
藤田まこと (Makoto Fujita)太田伸一
頭師佳孝伸一の少年時代
乙羽信子 (Otowa Nobuko)太田お浜
中村玉緒 (Nakamura Tamao)太田お文
萬代峰子太田おとり
松本染升太田五兵衛
赤木春恵太田おこう
池内淳子 (Ikeuchi Junko)太田京子(伸一の妻)
ハナ肇 (Hajime_Hana)井佐
山茶花究木田万吉
淡路恵子 (Awaji Keiko)木田お鈴
石山健二郎谷山源兵衛
三木のり平米川
太宰久雄源公
田崎潤 (Jun Tazaki)千松組
曽我廼家一二三千松組の若い者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック