ひばりのおしゃれ狂女 一般

美空ひばり主演の“仇討ちもの”の一編

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸も爛熟期、老中首席松平越中守は財政たて直しのため奢侈禁止令を発した。禁令を公然と無視して憚らぬ人物があった。一ツ橋家の隠居、すなわち将軍家の実父治済と“酒落きち”こと近江屋お美津である。お美津は父の五兵衛が不慮の急死をとげ、兄伊之吉が上方へ出奔してから気がふれ、おしゃれ狂女と呼ばれるようになったが、幼馴染の呉服商中屋のお紀代のいうことだけは聞いた。このお美津に興味を抱く人物がいる。越中守とその腹臣諏訪部新次郎だ。


解説

本田美禅の原作を『次郎長血笑記 富士見峠の対決 殴り込み荒神山』の村松道平が脚色。『幽霊島の掟』の佐々木康が監督した仇討ちもの。撮影もコンビの鷲尾元也。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)お美津
青山京子お紀代
水島道太郎諏訪部新次郎
安井昌二 (Shoji Yasui)田沼能登守
徳大寺伸松平越中守
菅貫太郎中屋吉三郎
尾上鯉之助清水権太夫
花房錦一留吉
国一太郎辰造
北竜二 (Ryuji Kita)一ツ橋治済
吉田義夫戸山勘解由
水野浩近江屋五兵衛
林彰太郎早瀬主水
大邦一公義兵衛
小田部通麿青江源内
松風利栄子松島
水木淳子さつき
八坂京子
紫ひづるお菊
島田秀雄録次
鈴木金哉船頭
丘郁夫中屋の手代
尾形伸之介山木甚五郎
高田浩吉伊之吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック