昭和残侠伝 唐獅子牡丹 一般

“昭和残侠伝”シリーズ第2作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大谷石の特産地として名高い宇都宮の石切場は、榊組をはじめとする、幾つかの組の者が仕切るならわしだったが、新興勢力左右田組の組長寅松は榊組をつぶし、縄張りを拡張しようともくろんでいた。この寅松には弥市、宗二、徳三の3人の息子がいたが、いずれも暴れ者揃いで町中の鼻つまみものになっていた。そうしたなかで花田秀次郎の弟分清川周平の許婚者くみに、弥市が横恋慕した。周平を思う秀次郎の弱味につけこんだ寅松は、周平、くみの縁結びを条件に榊組三代目秋山幸太郎を秀次郎に斬らせた…。


解説

『昭和残侠伝』でコンビの山本英明と松本功が共同でシナリオを執筆、第1作以来コンビの佐伯清が監督した“昭和残侠伝”シリーズ第2作目。撮影は『おんな番外地 鎖の牝犬』の林七郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)花田秀次郎
菅原謙二秋山幸太郎
三田佳子 (Yoshiko Mita)秋山八重
保積ペペ秋山和夫
池部良畑中圭吾
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)清川周平
清水まゆみ清川くみ
赤木春恵清川千代代
花澤徳衛金子直治
松方弘樹 (Hiroki Matsukata)助川武
田中春男宮田留吉
河津清三郎左右田寅松
山本麟一左右田弥市
関山耕司左右田宗二
今井健二左右田徳三
芦田伸介田代栄蔵
沢彰謙田代忠七
織本順吉 (Junkichi Orimoto)田代安川
北山達也田代幹治
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック