かあちゃんと11人の子ども 一般

五所平之助監督が、実話を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

とらは14歳の若さで吉田貞治の許へ嫁いだ。彼女がまだ高等小学校へ通っていた時である。伊豆地方には足入れ(仮祝言)の習慣が残っていて、正式に結婚式を挙げたのは翌年の大正15年で、彼女はその時既に長女の成子を宿していた。貞治は記念にと彼女にハコセコを買って与えた。貞治は進取の気性に富み、農耕の他に、養蚕、肥料店、牛乳屋を兼業していたから、生活に困るということはなかった。そして吉田家は、12年を経た時には、成子を筆頭に六人の子供に恵まれていた。


解説

吉田とらの原作を『恐山の女』の堀江英雄が脚色し、同じく『恐山の女』の五所平之助が監督した実話の映画化。撮影は『俺たちの恋」』の長岡博之。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
左幸子 (Hidari Sachiko)吉田とら
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)吉田貞治
久我美子 (Kuga Yoshiko)吉田成子
稲野和子吉田旭子
十朱幸代 (Toake Yukiyo)吉田京子
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)吉田文子
左時枝吉田都
内藤武敏吉田聖
近藤洋介吉田将
佐藤英夫吉田厚
工藤堅太郎吉田治
田村正和 (Masakazu Tamura)吉田俊
藤岡弘、 (Hiroshi Fujioka)吉田耕
佐乃美子吉田仙
三津田健熊作
岡村文子まち
八木昌子せい
笠置シヅ子さく
中村是好弥助
大塚君代おしげ
渡辺紀行菊男
竹脇無我 (Muga Takewaki)善作
三井弘次長さん
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)松吉
浦辺粂子産婆
香山美子 (Kayama Yoshiko)先生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック