女の花道 一般

美空ひばり、芸能生活25周年記念作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

安政6年、5歳の時から出雲大社に仕えていたおきみは16歳になった。同時に、歓進坐子の許しがでると、育ての親であるおいねと歓進の旅を始めた。おいねに5歳の時拾われたおきみの踊りは天才的なひらめきがあり、以来天才坐子と人々に騒がれていたが、異国では乞食扱いされ苦しい旅だった。しかし、おきみの踊りは、貧しい百姓たちの拍手を浴び、舟の中で知り合った行商の薬屋圭介からは、生命力にあふれる踊りとほめられた。年老いたおいねは病床に伏し、息をひきとった…。


解説

昭和21年、8歳で芸能界にデビューした美空ひばりの芸能生活25周年を記念して、川口松太郎が彼女のために書いた原作を、『幻の殺意』の沢島忠と岡本育子が脚本化した。監督は沢島忠、撮影は『女房を早死させる方法』の山田一夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1971)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)おきみ
北林谷栄 (Tanie Kitabayashi)おいね
香川良介日御碕源左衛門
大出俊圭さん
杉村春子丹後
野川由美子 (Nogawa Yumiko)小富美
森光子 (Mori Mitsuko)お辰
辰巳柳太郎
伊志井寛二条宮
黒川弥太郎嵯峨宮
藤波洸子おりん
月村圭子お静
新橋耐子お文
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)茂平
香山武彦栗さん
田村高廣 (Takahiro Tamura)文二郎
明石照子
栗津裕教行商人
大村千吉あめ屋の吉
岡部正純竜全
浦川麗子おまつ
新倉博坂上竜之介
小島慶四郎楽屋番
木村博人新選組隊士
梅沢昇屋台のオヤジ
右下恭介玄庵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック