喜劇 女は度胸 一般

山田洋次の原案のコメディ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

桃山学は自動車修理工で、夜間大学の受験勉強に励んでいる。というのも、父泰三は怠け者だし、母ツネは働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。そんな学が恋をした。彼女の名前は白川愛子、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、2人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。


解説

『男はつらいよ』の山田洋次の原案により、『コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ』の大西信行と『男はつらいよ』の森崎東が共同で脚本を執筆し、森崎の監督昇進第一作。撮影は高羽哲夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1969)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
原案
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
花澤徳衛桃山泰三
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)桃山ツネ
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)桃山勉吉
河原崎建三 (Kenzo Kawarazaki)桃山学
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)白川愛子
沖山秀子笑子
有島一郎黒田甚兵衛
春川ますみ (Masumi Harukawa)春子
中川香奈路子
大橋壮多太一
佐藤蛾次郎次郎
久里千春スミエ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック