座頭市血煙り街道 一般

“座頭市”シリーズ第17作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

市が最初に多十郎と会ったのは、5人のやくざに襲われた時だ。一瞬の居合斬りでやくざを倒した市を、多十郎が見ていたのだ。ある旅篭で、市は病死したおみねから、良太を預かった。おみねは夫庄吉を尋ねての旅の途中、病で倒れてしまったのだった。市は良太と共に前原にいるという庄吉を尋ねて、再び旅をつづけた。途中、旅芸人一座のともえと知り合った市は、一座が万造一家に無理難題をふっかけられた時、再び多十郎と会った。多十郎は万造一家に峰打ちをくらわせ、ともえの難儀を救ったのだった。


解説

子母沢寛の原作を、『兵隊やくざ殴り込み』の笠原良三が脚色、『なみだ川』の三隅研次が監督した“座頭市”シリーズ第17作目。撮影はコンビの牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルアクション 任侠/時代劇


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)座頭市
近衛十四郎赤塚多十郎
高田美和おみつ
朝丘雪路ともえ
中尾ミエみゆき
坪内ミキ子お仙
磯村みどりおみね
伊藤孝雄庄吉
小池朝雄 (Asao Koike)前原の権造
松村達雄太兵衛
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)代官手附鳥越
千波丈太郎長吉
草薙幸二郎用心棒栗栖
田武謙三金井の万造
なべおさみ (Osami_Nabe)壺振りの半三
戸田皓久江見真之介
藤山浩二五吉
水原浩一箕輪の惣兵衛
杉山昌三九成山
毛利郁子ふくべの仲居
斎藤信也良太
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック