座頭市物語 一般

大ヒットシリーズは、ここから始まった

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

下総飯岡の貸元助五郎の所へ草鞋を脱いだ異風なやくざは、坊主で盲目で人呼んで座頭市。ツボ振りでも居合抜きでも目明きの及ばぬ市の腕を見込んだ助五郎は、彼を客分扱いにし乾分蓼吉を世話係につけた。やくざ嫌いでやくざの飯を食う市は、釣で逢った病身の浪人平手造酒と心をふれ合う思いをしたが、その造酒は助五郎とは犬猿の仲の笹川親分の食客となった。助五郎は新興勢力の笹川一家を叩き潰す機会を狙っているが、その時は市と造酒の面白い勝負が見られると乾分たちにうそぶいた。


解説

子母沢寛の随筆集『ふところ手帖』から『色の道教えます 夢三夜』の犬塚稔が脚色、『銭形平次捕物控 美人蜘蛛』の三隅研次が監督した遊侠もの。撮影は『蝙蝠屋敷』の牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)座頭市
万里昌代おたね
島田竜三笹川繁造
三田村元松岸の半次
天知茂平手造酒
中村豊飯岡乾分猪助
真城千都世半次女房お芳
毛利郁子繁造女房お豊
南道郎飯岡乾分蓼吉
柳永二郎飯岡助五郎
千葉敏郎飯岡乾分政吉
守田学飯岡乾分清助
舟木洋一笹川乾分与五郎
市川謹也笹川乾分茂吉
尾上栄五郎笹川乾分利兵衛
山路義人蓼吉の父親弥平
堀北幸夫笹川乾分金治
福井隆次笹川乾分大八
菊野昌代士車の人足
越川一百姓男
志賀明壺振り
浜田雄史飯岡乾分安七
愛原光一後押し
西岡弘善飯岡乾分為造
木村玄客の正六
千石泰三笹川乾分伊七
谷口昇笹川乾分友蔵
日高晤郎 (Goro Hidaka)飯岡乾分音七
長岡三郎西光寺住職瑞念
馬場勝義飯岡乾分羽子造
結城要飯岡乾分磯次
淡波圭子お咲
小林加奈枝笹川飯炊お兼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック