日本侠客伝 斬り込み 一般

マキノ雅弘が監督した“日本侠客伝”シリーズ第7作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

腕斬り真三の異名を持つ一匹狼の渡世人中村真三が、東海道のある港町に来た時、旅の疲れから一人息子の5歳になる秀男が病に伏した。頼るものとてなく、金もない真三は、白鞘一本を手に土地の顔役源蔵に雇われた。母のない秀男は源蔵の一人娘お京を慕い、真三もまた自分ら父子に好意を寄せる彼女にほのぼのとした愛情を抱くのだった。一方、源蔵はかつて新宿の露天商を集めてまっとうな同盟を作ろうとして挫折した経験を思い出し、それを真三の腕に託した。


解説

『侠客道』の笠原和夫がシナリオを執筆し、『昭和残侠伝 血染の唐獅子』のマキノ雅弘が監督した“日本侠客伝”シリーズ第7作目。撮影は『博奕打ち 不死身の勝負』の山岸長樹。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチール

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)中村真三
富司純子 (Sumiko Fuji)お京
斎藤信也秀男
石山健二郎傘屋源蔵
大木実若松幸次郎
那須伸太朗浅川仙太郎
金子信雄 (Nobuo Kaneko)弁天福
長門裕之 (Hiiroyuki Nagato)エンマの辰
潮健児ドッコイ安
畑中伶一風天虎
林彰太郎黒岩重雄
五十嵐義弘小柳修次
天津敏勝又三吉
阿波地大輔喧嘩鉄
川谷拓三コットン松
南田洋子 (Yoko Minamida)春美
江木健二石上勇
高並功大場
相原昇六爺ィ
島田秀雄浅吉
大城泰五郎
前川良三平助
香川良介横山勘市
野村鬼笑尾島
市川裕二坂根
浪花五郎大滝
木谷邦臣博徒A
池田謙治博徒B
源八郎宿の主人
大河内広太郎田舎医者
佐々木松之丞焼芋屋の親爺
奥野保巡査
東龍子千代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック