泥だらけの純情('63) 一般

後に山口百恵、三浦友和のゴールデンコンビでも再映画された青春純愛ドラマ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

外交官の令嬢樺山真美とチンピラやくざの次郎が知り合ったのは新宿の盛り場だった。不良学生につけ廻されていた真美を、ヤクを届ける途中の次郎が逃がしてやった。ところが乱闘の最中、相手は自分の待ったナイフを誤まって刺し死んでいた。次郎も重傷を負って逃げ帰ったが、兄貴分の花井は自首をすすめた。一方、殺人事件を報じる新聞を見て驚いた真美は、刑事に事の真相を話し、知人の公安委員にも説明した。その尽力がものをいって自首した次郎は一日で釈放された。


解説

藤原審爾原作を馬場当が脚色。『危いことなら銭になる』の中平康が監督した純愛ドラマ。撮影は『花と竜(1962)』の山崎善弘。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ ラブ・ストーリー


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
浜田光夫 (Mitsuo Hamada)次郎
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)真美
平田未喜三塚田
小池朝雄 (Asao Koike)花井
和泉雅子和枝
宮阪将嘉森原
滝沢修 (Osamu Takizawa)清水
高島稔信次
細川ちか子欣子
星ナオミ純子
国真澄美津
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)利根川
日野道夫村山
河上信夫浦上警部
杉江弘刑事A
清水将夫大山
有田双美子レジ嬢
三船好重あいまい屋のお内儀
柳瀬志郎記者A
久遠利三記者B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック