男はつらいよ 寅次郎恋歌 一般

「男はつらいよ」シリーズ8作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

例によって車寅次郎は半年ぶりで故郷柴又へ帰ってきた。一同は歓迎したつもりだったが、些細な言葉のゆき違いから竜造やつねと喧嘩となり、又もや旅にでることになった。寅が去って静かになったある日、博の母が危篤という電報が入り、光男を竜造夫婦に託した博とさくらは岡山へ急いだ。博の父は元大学教授で、研究一筋に生きてきた学者だった。葬式の日、驚ろいたことに寅がヒョッコリ現われた。柴又に電話したことから、葬式のことを知り、近くまできていたから寄ったという。しかし、旅先とはいえ、派手なチェックの背広姿である。


解説

昭和49年9月に登場して以来、松竹のドル箱的存在となった「男はつらいよ」シリーズ8作目。寅さんの8人目の恋人として池内淳子が出演する。脚本は朝間義隆と山田洋次。監督、撮影は前作『男はつらいよ 奮闘篇』同様、山田洋次と高羽哲夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1971)
ジャンルドラマ コメディ


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)車寅次郎
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)諏訪さくら
池内淳子 (Ikeuchi Junko)六波羅貴子
森川信車竜造
三崎千恵子 (Chieko Misaki)車つね
太宰久雄梅太郎
笠智衆 (Ryu Chishu)御前様
志村喬諏訪ひょう一郎
前田吟 (Gin Maeda)諏訪博
梅野泰靖諏訪毅
穂積隆信諏訪修
上野綾子諏訪咲江
谷村昌彦労務者
吉田義夫坂東鶴八郎
岡本茉利大空小百合
中沢祐喜六波羅学
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック