氷点 一般

三浦綾子の同名小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

辻口啓造は父の遺した病院を継いでいる。博愛家でとおってきた彼が、娘ルリ子を殺害した犯人の娘を妻夏枝に秘密で養女にすることを思いたったのは、ルリ子の代りに女の子を育てたいという夏枝の望みを迎える風を装いながら、娘を殺された時刻に夏枝が眼科医村井と不貞を働いていたのでは、との猜疑の拭いきれないあせりのためではなかったのか。夏枝は何も知らない。彼女はその養女陽子を異常なほど溺愛した。そんなある日、乳児院に勤める啓造の親友高木に宛てた夫の手紙を見て、夏技は陽子の出世の秘密を知った。


解説

三浦綾子の同名小説を、『怪談』の水木洋子が脚色、『スパイ』の山本薩夫が監督した女性もの。撮影は『新・兵隊やくざ』の中川芳久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
若尾文子 (Wakao Ayako)夏枝
大楠道代 (Okusu Michiyo)陽子
山本圭 (Kei Yamamoto)
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)北原
森光子 (Mori Mitsuko)辰子
船越英二啓造
成田三樹夫村井
明星雅子次子
仲村隆松田
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)高木
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック