独立機関銃隊 未だ射撃中 一般

三橋達也主演による、戦争活劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和25年8月のソ満国境。重機関銃トーチカの守備兵は、山根班長以下、無口な渡辺上等兵、ちょっと狡猾そうな眼つきの3年兵金子一等兵、学徒兵の原一等兵、志顔兵の白井二等兵の5人だ。やがて優勢なソ連軍侵入の報に一同は遺書をしたため、峯岸連絡兵が持参した酒とスルメを口にした。その途端、すさまじい砲撃が始まった。生理的に堪え得ぬほどの弾着音に、床に伏している兵隊を叩き起し、山根は軍歌を歌わせた。午後3時、初めて敵影を見た。重機は火を吐き、辛うじて撃退したが、ペトンの壁が一部崩され、峯岸は戦死、金子は精神錯乱を起した。


解説

『どぶろくの辰(1962)』の井手雅人が脚本を執筆、『やま猫作戦』の谷ロ千吉が監督した戦争活劇。撮影は『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』の山田一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルアクション 戦争


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
三橋達也山根銀次郎軍曹
佐藤允 (Makoto Sato)渡辺子之次上等兵
堺左千夫金子源吉一等兵
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)原昌志一等兵
麦人 (Mugihito)白井春男二等兵
夏木陽介 (Yosuke Natsuki)小栗中尉
福山博寿峯岸兵長
尾小山安治郵便兵
藤井重俊炊事兵
大中英二炊事兵
山本晃士郎当番兵
宮岡敏夫当番兵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック