網走番外地 望郷篇 一般

“網走番外地”シリーズ第3作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

橘真一は、彼が服役中に死去した父の墓参も兼ねて久方ぶりに長崎に帰郷した。橘がまだ17、8のころ、旭組の若い衆の1人であった橘は、組長旭のおとなしいのをいいことに、旭組の縄張りをもぎとろうと悪業の限りをつくす新興勢力安井に腹をたて、単身安井組になぐりこみ、安井を刺し大怪我をさせた。旭はそんな橘をかばい、そっと東京に逃がしてくれたのだ。橘にとって長崎は、そんなホロ苦い思い出のある町だったが、今も旭組は、横暴を極める安井組のために、仕事をとられ苦しい毎日が続いていた。


解説

伊藤一の原作を『続・網走番外地』の石井輝男が脚色・監督した“網走番外地”シリーズ第3作目。撮影は『可愛いあの娘』の稲田喜一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルアクション 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)橘真一
林田マーガレットエミー
嵐寛寿郎旭統一
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)ルミ子
砂塚秀夫田所
待田京介
潮健児幸夫
秋山敏
伊達弘
大槻憲
安部徹 (Tooru Abe)安井
関山耕司中島
沢彰謙
沢田浩二
滝島孝二今井
東野孝彦深沢
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)ピン公
八代真矢子藤子
田中邦衛 (Kunie Tanaka)中田弘次
由利徹人相の悪い男
ジョージ吉村メキシコ風の男
杉浦直樹 (Naoki Sugiura)白山譲次
東野英治郎 (Eijiro Tono)清造
梓英子路子
国景子玲子
相馬剛三寺男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック