天国と地獄 一般

エド・マクベイン原作“キングの身代金”を基に映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ナショナル・シューズの権藤専務は、大変な事件に巻込まれてしまった。明日まで5000万円を大阪に送らないと、次期総会で立場が危くなるというのに、息子の純と間違えて運転手の息子進一を連れていってしまった誘拐犯人から、3000万円をよこさないと進一を殺すという電話があったからだ。苦境に立った権藤は結局金を出すことになった。権藤邸に張りこんだ戸倉警部達は権藤の立場を知って犯人に憎しみを持った。金を渡す場所。それは、明日の第二こだまに乗れということだった。犯人は戸倉警部達を嘲笑するかのごとく、巧みに金を奪って逃げた…。


解説

エド・マクベイン原作“キングの身代金”を『椿三十郎』の小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明が共同で脚色、黒澤明が監督した刑事もの。撮影は『娘と私』の中井朝一と『ニッポン無責任時代』の斎藤孝雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルスリラー/サスペンス 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
小道具
音楽
録音
整音
音響効果
照明
衣裳
製作担当者
チーフ助監督
記録
スチル
撮影助手
編集助手
特殊機械

キャスト

俳優名役名
三船敏郎 (Toshiro Mifune)権藤金吾
香川京子 (Kagawa Kyoko)権藤伶子
江木俊夫権藤純
佐田豊青木
島津雅彦青木進一
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)戸倉警部
石山健二郎田口部長刑事
木村功荒井刑事
加藤武 (Takeshi Kato)中尾刑事
三橋達也河西
伊藤雄之助馬場専務
中村伸郎石丸重役
田崎潤 (Jun Tazaki)神谷重役
志村喬捜査本部長
藤田進 (Susumu Fujita)捜査一課長
土屋嘉男村田刑事
三井弘次新聞記者A
千秋実新聞記者B
北村和夫 (Kazuo Kitamura)新聞記者C
東野英治郎 (Eijiro Tono)年配の工員
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)病院の火夫
沢村いき雄横浜駅の乗務員
山崎努 (Tsutomu Yamazaki)竹内銀次郎
山茶花究債権者A
西村晃債権者B
清水将夫刑務所長
清水耕次魚市場の事務員
熊倉一雄 (Kazuo Kumakura)魚市場の事務員(声)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック