東京物語 一般

小津安二郎監督の代表作の一つ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

周吉、とみの老夫婦は住みなれた尾道から20年振りに東京にやって来た。途中大阪では三男の敬三に会えたし、東京では長男幸一の一家も長女志げの夫婦も歓待してくれて、熱海へ迄やって貰いながら、何か親身な温かさが欠けている事がやっぱりものたりなかった。それと云うのも、医学博士の肩書まである幸一も志げの美容院も、思っていた程楽でなく、それぞれの生活を守ることで精一杯にならざるを得なかったからである。周吉は同郷の老友との再会に僅かに慰められ、とみは戦死した次男昌二の未亡人紀子の昔変らざる心遣いが何よりも嬉しかった。


解説

『お茶漬の味』以来1年ぶりの小津安二郎監督作品で、脚本は小津安二郎と『落葉日記』の野田高梧の協同執筆、撮影も常に同監督とコンビをなす厚田雄春(陽気な天使)、音楽は斎藤高順。


配給-
制作国日本 (1953)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
笠智衆 (Ryu Chishu)平山周吉
東山千栄子平山とみ
山村聡 (Soh Yamamura)平山幸一
三宅邦子 (Kuniko Miyake)平山文子
村瀬禪平山実
毛利充宏平山勇
杉村春子金子志げ
中村伸郎金子庫造
原節子 (Hara Setsuko)平山紀子
大坂志郎平山敬三
香川京子 (Kagawa Kyoko)平山京子
十朱久雄 (Hisao Toake)服部修
長岡輝子服部よね
東野英治郎 (Eijiro Tono)沼田三平
高橋とよ (Toyo Takahashi)隣家の細君
三谷幸子アパートの女
安部徹 (Tooru Abe)敬三の先輩
阿南純子美客院の助手キヨ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック