ラマン R-15

17歳の誕生日、少女は3人の男たちの愛人になることに決める。やまだないとの原作を『ヴァイブレータ』で注目を浴びた廣木隆一が監督

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

自分の若さが永遠でないことに気づいた17歳。失われる前に自分で壊してしまおう。そう決めた少女は背中に天使の羽のタトゥーを入れ、3人の男と1年間の愛人契約を結ぶ。古い洋館で少女は「華子」と呼ばれ、自分がA、B、Cと呼ぶ男たちに抱かれる関係になる。夏休み、3人の男たちが華子を連れて、海へ花火を見に行く。花火を見つめる男たちの瞳は少年に戻り、華子も彼らはかつて子どもだったことを思い出す。そして1年が過ぎた…。


解説

「17歳の少女が3人の中年男性と愛人契約を結ぶ」というスキャンダラスな設定。だがストーリー展開は、エロティックな映像を期待する観客を裏切るように、淡々と進んでいく。身も心も美しいままでありたいという思いが強いからこそ、将来に絶望している少女は、先にそれを自分の手で壊したいと、男たちの愛人になる生活を選ぶ。


配給スローラーナー
制作国日本 (2004)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2005年02月05日より渋谷シネ・アミューズにてレイトショーほか全国にて



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
録音
照明
編集
衣装デザイン
助監督
その他
スチール

キャスト

俳優名役名
安藤希華子/チカコ
田口トモロヲ (Tomorowo Taguchi)A
村上淳 (Jun Murakami)B
大杉漣 (Ren Osugi)C
前田綾花柄谷涼子
遠藤雄弥 (Yuya Endo)柄谷行人
水橋研二 (Kenji Mizuhashi)映画館の男
星よう子チカコの母親
大口広司4番目の男
中村達也刺青師
秋桜子なじみの店員
ひふみかおりウエイトレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック