駿河遊侠伝 賭場荒し 一般

勝新太郎主演の任侠もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

清水港の次郎は、相棒の髪常と組んで東海道を、得意のイカサマ博奕で渡り歩いていた。ある日2人は、次郎が将来を約した女お時を、女街に売りとばした富五郎に会い、争ううちに髪常は富五郎を刺してしまった。2人は人の来る気配にあたふたとそこを逃げ出した。なお旅を続けるうち2人は博奕に敗けて、裸にされた小金に会い、評判の高い女親分おとらが預かる賭場に行き、イカサマのサイをふるったが、おとらに見やぶられ、そこを逃げ出した…。


解説

子母沢寛の原作を『傷だらけの山河』の新藤兼人が脚色『昨日消えた男』の森一生が監督した仁侠もの。撮影は『柔道名勝負物語 必殺一本』の今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)次郎
瑳峨三智子おとら
藤村志保 (Fujimura Shiho)お時
天知茂岩村の七蔵
大辻伺郎髪常
丸井太郎裸の小金
小林勝彦尾州の金次
進藤英太郎大百姓太左衛門
山本礼三郎治助親分
須賀不二男三好村の吉左衛門
水原浩一浪人
伊達三郎 (Saburo Date)大和屋玉吉
守田学西尾ノ富五郎
早川雄三高木村の友吉
毛利郁子お綱
香川良介文吉親分
沖時男いかさま骰子のやくざA
芝田総二いかさま骰子のやくざB
越川一いかさま骰子のやくざC
日高晤郎 (Goro Hidaka)間之助
千石泰三松五郎
森田健二政蔵
愛原光一太左衛門の子分A
戸村昌子中年の酌女
三藤愛子女郎A
種井信子女朗B
美吉かほる若い酌女
小松みどりお吉婆あ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック