男はつらいよ 寅次郎の告白 一般

甥っこの恋の手ほどきに奮闘する寅さんの奮闘を描くシリーズ第44作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

寅次郎の甥・満男が想いを寄せる泉が東京の大手楽器店に就職のための面接に再び上京。それと同時に寅次郎も、柴又へ帰って来た。久しぶりに皆で楽しい一時を送る泉。翌日、泉の会社訪問に付き添う満男だったが、結局、就職はうまくいかないまま泉は静岡に帰ってしまう。また寅次郎も再び旅に出、日本海沿岸の鳥取へと向かった。ところがそこで偶然泉と再会する寅次郎。母親の再婚を素直に喜べない泉は、その寂しさを紛らすために鳥取まで来たのだった。


解説

甥っこの恋の手ほどきに奮闘する寅さんの奮闘を描くシリーズ第44作。原作・脚本・監督は『息子(1991)』の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫と『おあずけ』の花田三史が共同でそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1991)
ジャンルドラマ コメディ


スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)車寅次郎
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)さくら
後藤久美子 (Kumiko Goto)及川泉
吉岡秀隆 (Hidetaka Yoshioka)満男
吉田日出子聖子
夏木マリ及川礼子
下條正巳竜造
三崎千恵子 (Chieko Misaki)つね
前田吟 (Gin Maeda)
太宰久雄社長
佐藤蛾次郎源公
笠智衆 (Ryu Chishu)御前様
関敬六ポンシュウ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック