コーヒー&シガレッツ 一般

渋みと苦味、ちょっぴり酸味が加わった、ジム・ジャームッシュ監督至極の短編集

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

待ち合わせして会ったのに、大して話もできず居心地悪そうなロベルトとスティーブン。ジョイ&サンキ・リーは、変な顔の店員に付きまとわれる。イギーとトムはおかしな自説で禁煙を破り、パリでは、アレックスとイザックが「問題なし」の押し問答。メグとジャックは共鳴体の実験中で、ビル・マーレイは深夜のカフェでアルバイト。2人の熟練俳優は、撮影の合間にコーヒーとタバコで人生を祝う。取り留めのない会話でおくる、全11篇。


解説

世界で「禁煙」が常識になっている昨今、気楽に一服出来ない愛煙家を喜ばせそうな、ジム・ジャームッシュ監督の短編集。もともと一話目は、1986年に「サタデー・ナイト・ライブ」のために作ったワン・シークエンス。そこから10年かけて撮り集め、独特のテンポでコーヒーとタバコの魔法を披露していく。ジャームッシュ組からは、ロベルト・ベニーニやスティーブ・ブシェミ、そしてトム・ウェイツ。ホワイト・ストライプスやイギー・ポップら人気ミュージシャン、ケイト・ブランシェットやビル・マーレイら実力派俳優も登場する。


配給アスミック・エース エンタテインメント
制作国アメリカ (2003)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2005年04月02日よりシネセゾン渋谷ほか全国にて順次公開



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
編集
共同製作

キャスト

俳優名役名
ロベルト・ベニーニ (Roberto Benigni)Roberto (segment "Strange to Meet You") (ロベルト「変な出会い」)
スティーヴ・ブシェーミ (Steve Buscemi)Waiter (segment "Twins") (ウェイター「双子」)
イギー・ポップ (Iggy Pop)Iggy (segment "Somewhere in California") (イギー「カリフォルニアのどこかで」)
トム・ウェイツ (Tom Waits)Tom (segment "Somewhere in California") (トム「カリフォルニアのどこかで」)
ジョー・リガーノ (Joseph Rigano)Joe (segment "Those Things'll Kill Ya") (ジョー「それは命取り」)
ルネ・フレンチ (Renee French)Renee (segment "Renee") (ルネ「ルネ」)
アレックス・デスカス (Alex Descas)Alex (segment "No Problem") (アレックス「問題なし」)
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Cate/Shelly (segment "Cousins") (ケイト「いとこ同士」)
メグ・ホワイト (Meg White)Meg (segment "Jack Shows Meg His Tesla Coil") (メグ「ジャック、メグにテスラコイルを見せる」)
ジャック・ホワイト (Jack White)Jack (segment "Jack Shows Meg His Tesla Coil") (ジャック「ジャック、メグにテスラコイルを見せる」)
アルフレッド・モリーナ (Alfred Molina)Alfred (segment "Cousins?") (アルフレッド「いとこ同士?」)
ビル・マーレイ (Bill Murray)Bill Murray (segment "Delirium") (ビル「幻覚」)
ビル・ライス (Bill Rice)Bill (segment "Champagne") (ビル「シャンパン」)
Taylor Mead (Taylor Mead)Taylor (segment "Champagne") (テイラー「シャンパン」)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック