陽暉楼 一般

宮尾登美子の同名小説の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大正元年冬、太田勝造と駆け落ちした豊竹呂鶴は追手の手にかかり死亡。20年後、2人の間に生まれた房子は、陽暉楼の芸妓・桃若として大変な売れっ子になっていた。陽暉楼の女将・お袖は、呂鶴と勝造を張り合った勝気な女だったが、呂鶴の娘をあえて預り高知一の芸妓に仕上げ、自分のあとを継がせるつもりでいる。勝造は「芸妓紹介業」の看板を出し、今では“女衒の大勝”と呼ばれる存在になっていた。家には後添いのお峯と、実子で盲目の忠がいたが、最近、大阪に珠子という女を囲っている。


解説

西日本一を誇る土佐の高知随一の遊興、社交の場、陽暉楼を舞台に、そこでくり拡げられる様々な人間模様を描く。宮尾登美子の同名小説の映画化で、脚本は『鬼龍院花子の生涯』の高田宏治、監督も同作の五社英雄、撮影は『伊賀忍法帖』の森田富士郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1983)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール
舞踏振付

キャスト

俳優名役名
緒形拳 (Ken Ogata)太田勝造
池上季実子 (Ikegami Kimiko)太田房子
池上季実子 (Ikegami Kimiko)豊竹呂鶴
浅野温子 (Asano Atsuko)珠子
二宮さよ子胡遊
熊谷真実茶良助
佳那晃子 (Akiko Kana)丸子
仙道敦子とんぼ
西川峰子助次
市毛良枝 (Ichige Yoshie)吉弥
高原陽子豆奴
伊藤みづえ愛次
山本ゆか里〆若
小田桐かほる千代丸
上月左知子お駒
悠玄亭玉介幇間
弓恵子米蝶
林彰太郎今助
花澤徳衛勘兵ヱ
大木晤郎篠山竹造
丸平峰子お常
星野美恵子お国
美松艶子仲居A
三谷真理子仲居B
島田秀雄職員A
有島淳平職員B
椿竜二職員C
津奈美里ん芸妓a
斉藤可奈江芸妓A
堀田明美芸妓B
松村真美芸妓C
前川恵美子芸妓D
安食文子芸妓E
玉野玲子芸妓F
依田美加芸妓G
深谷宏子芸妓H
伊東由美芸妓I
岡田仁美芸妓J
上田真理舞妓A
高根さつき舞妓B
鈴川法子舞妓C
瀬崎友美久代
宮城幸生久代の父親
松村康世時江
牧よし子お粂
湖条千秋久美
高野洋子菊江
速水典子蝶子
谷山美恵小鈴
澤田由美チェリー
内藤武敏和久田達吉
稲葉義男池西
疋田泰盛高山助役
中村錦司橋本正明
園佳也子お峯
玉野叔史忠(十才)
井田國彦忠(十七才)
山口若菜弘子
加藤奈己子少女時代の房子
平参平朝日館亭主
高勢ぎん子朝日館女房
高谷舜二老浪曲師
平沢彰明月楼の客
大月正太郎明月楼の客
タンクローバーテンダー
平河正雄川之江病院の医者
永野佳寿江川之江病院の看護婦
浜田寅彦高知病院の医者
世利ゆかり高知病院の看護婦
白礼花銀竜の娼妓
岡島艶子銀竜の遺手婆
大和さゆりお袖付小女
有川正治土建屋風の客
袋正武崎病院の医師
岩田直二床屋の亭主
大村崑大阪駅々員
大久保朝樹中盆
秋山勝俊中盆
小池朝雄 (Asao Koike)稲村宗一
成田三樹夫三好辰吉
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)金串武彦
成瀬正南敏之
宮川珠季作本
荒勢紫雲竜
奈辺悟富塚
藤田博宮坂留吉
細川純一大木
木村四郎古田徳次
藤長照夫稲宗の若衆A
奔田陵稲宗の若衆B
武井三二稲宗の若衆C
木谷邦臣若衆
徳永真由美飛田の若い娼妓
風間杜夫 (Morio Kazama)仁王の秀次
田村連佐賀野井守宏
北村和夫 (Kazuo Kitamura)山岡源八
曽我廼家明蝶堀川杢堂
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)前田徳兵ヱ
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)お袖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック