午後の遺言状 一般

別荘に避暑にやって来た大女優が出会う出来事の数々を通して、生きる意味を問う

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

夏の蓼科高原に、女優・森本蓉子が避暑にやって来た。彼女を迎えるのは30年もの間、その別荘を管理している農婦の豊子だ。言葉は乱暴だがきちんと仕事をこなす豊子に、庭師の六兵衛が死んだことを知らされた蓉子は、六兵衛が棺桶に乗せたのと同じ石を川原から拾って棚に飾る。豊子には22歳の娘・あけみがいた。子供のいない未亡人の蓉子は、あけみを自分の子供のように可愛がっている。翌日、別荘に古い友人の牛国夫妻がやって来る。しかし、夫人の登美江は痴呆症にかかっており、様子がおかしい。


解説

別荘に避暑にやって来た大女優が出会う出来事の数々を通して、生きる意味を問うドラマ。監督・脚色は『墨東綺譚 (1992)』の新藤兼人。撮影は『墨東綺譚 (1992)』の三宅義行。主演は杉村春子と、1994年12月22日に逝去した乙羽信子。芸術文化振興基金助成作品。1995年度キネマ旬報ベストテン第1位ほか、監督賞(新藤)、脚本賞(新藤)、主演女優賞(杉村)、助演女優賞(乙羽)の4部門を受賞した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1995)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
衣裳
衣裳コーディネーター
助監督
スクリプター
スチール

キャスト

俳優名役名
杉村春子森本蓉子
乙羽信子 (Otowa Nobuko)柳川豊子
朝霧鏡子牛国登美江
観世栄夫牛国藤八郎
瀬尾智美あけみ
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)森本三郎
倍賞美津子 (Baisho Mitsuko)矢沢尚子
永島敏行 (Toshiyuki Nagashima)警部補
松重豊 (Yutaka Matsushige)両岡大五郎
木場勝己脱獄囚
上田耕一 (Koichi Ueda)署長
加地健太郎 (Kentaro Kaji)警官
内野聖陽 (Seiyo Uchino)清川浩二
馬場当民宿の主人
遠藤守哉ホテルのフロント
三木敏彦ホテルの支配人
三浦純子ホテルのルーム係
高村祐毅心中を目撃する少年
神野陽介記者
大場泰正カメラマン
田中光紀ウエイター
大原康裕コック
菊池誠レストランの客
石井麗子レストランの客
岡本正巳タクシーの運転手
岡本早生タクシーの運転手
峰松佑貴アイスクリームを投げる少年
田中芳子少年の母
麿赤児天狗
鶴山欣也おかめ
大駱駝艦群舞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック