木枯し紋次郎 関わりござんせん 一般

笹沢左保原作・小説の映画化二作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

日光街道玉村宿の旅篭・田丸屋に入った紋次郎は、以前、命を救ったことのある常平に会い歓待される。そして、常平は好き合っている女郎・お駒の朋輩・お光を紋次郎に当てがおうとする。ところがお光が酒を飲みながら、ふとつぶやいた唄の文旬から彼女の身の上を聞いた紋次郎は愕然となる。お光こそ、紋次郎が幼いころ別れたままの実の姉であった。しかし紋次郎はお光が寝入るのを待って静かに部屋を出ていくのだった。その頃、下滝の巳之吉一家と伊勢崎の箱田の六兵衛の間が縄張り争いで一触即発の状態だった。


解説

笹沢左保原作・小説の映画化二作目。今回は原作より離れ、紋次郎の人間形成の秘密を探る。拭い難い苛酷な過去を背負い、厳しい現実に耐えて生きていく紋次郎の孤独と哀感を描く。脚本は『博奕打ち外伝』の野上龍雄、監督は『まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯』の中島貞夫、撮影は『木枯し紋次郎』のわし尾元也がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1972)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
菅原文太 (Bunta Sugawara)木枯し紋次郎
市原悦子 (Ichihara Etsuko)お光
田中邦衛 (Kunie Tanaka)八幡の常平
大木実下滝の巳之吉
汐路章 (Akira Shioji)庄十
志賀勝新八
月亭可朝亀吉
白川浩二郎半次
待田京介三ッ木の文蔵
大木晤郎菊次
山本麟一今市の金蔵
伊達三郎 (Saburo Date)箱田の六兵衛
川浪公次郎鶴吉
奈辺悟吉松
中村英子お駒
丸平峰子お安
林三恵お若
星野美恵子お里
榊浩子お仙
小笠原正子お島
島田秀雄利助
賀川雪絵まん
吉田良房吉
平沢彰勘八
名和宏賭場の客
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック