拳銃無頼帖 電光石火の男 一般

赤木圭一郎の拳銃無頼帖シリーズの第二作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大津組の貞夫と殺し屋の五郎が夕陽の燃える砂浜で対決した時、長身の男が現われて五郎の拳銃を吹き飛ばした。男が貞夫と共に姿を現わした時、大津組幹部の辰吉は血相を変えた。男は3年前大津組親分仁作を闇討したハイライト興業の元幹部丈二だった。しかし射ったのは丈二ではなかった。仁作もそれは知っていた。丈二は足を洗うつもりで、ボス麻島の身代りで刑務所に入った。だがこの町に残した恋人圭子にひかれて帰って来た。


解説

赤木圭一郎の拳銃無頼帖シリーズの第二作。城戸礼の原作を、『殺られてたまるか(1960)』の松浦健郎が脚色し、『銀座旋風児 目撃者は彼奴だ』の野口博志が監督した。撮影も『銀座旋風児 目撃者は彼奴だ』の永塚一栄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルアクション 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
赤木圭一郎丈二
二谷英明 (Hideaki Nitani)大津昇
浅丘ルリ子 (Asaoka)圭子
白木マリジーナ・中川
宍戸錠 (Jo Shishido)五郎
杉山俊夫貞夫
菅井一郎仁作
高品格辰吉
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)麻島
武藤章生
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)節子
雪丘恵介警察署長
長弘刑事一
本目雅昭刑事二
山口吉弘刑事三
玉井謙介大津組乾分一
荒木良平大津組乾分二
古田祥大津組乾分三
今川英司大津組乾分四
速水脩二ハイライト興業乾分A
志方稔ハイライト興業乾分B
黒田剛ハイライト興業乾分C
沢美鶴ハイライト興業乾分D
二木草之助焼鳥屋の親父
柳瀬志郎列車内の愚連隊A
二階堂郁夫列車内の愚連隊B
荒木昭一列車内の愚連隊C
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック