三匹の女賭博師

女賭博師同士の骨肉の争い!第四弾!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

女の胴師として優れた腕を持つ千加は、陣馬組二代目の祐一の婚約者だったが、祐一が女をつくって家を出て以来、病床に伏している祐一の父惣介の看病をしながら、一家の家計をも支えていたのである。惣介の娘で大学生の夏子は、親ゆずりの血のせいか賭けごとが好きだったが、千加のそんな苦労は知らなかった。組が落ち目になってからただひとりとどまり、千加の手助をしてくれるのは鉄雄だった。千加は陣馬組の最後の財産であるクラブ「シド」のマダムもしていたが、陳馬組代貸鏑木が店を手に入れようと狙っているのを知らなかった。鏑木はまず夏子に近づき、一方、情婦で女賭博師のかおるを祐一にあてがって機会をうかがっていたのだった・・・。


解説

「爆弾男といわれるあいつ」の下飯坂菊馬がシナリオを執筆し、「女の賭場」の田中重雄が監督した“女賭博師"シリーズ第四作目。撮影は「砂糖菓子が壊れるとき」の中川芳久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
江波杏子 (Enami Kyoko)西沢千加
大楠道代 (Okusu Michiyo)陣馬夏子
三条魔子井上かおる
見明凡太朗 (Bontaro Miake)陣馬惣介
滝田裕介陣馬祐一
長谷川明男横山鉄雄
上野山功一鏑木
沢村貞子南原たみ
早川雄三牛島
五味龍太郎佐伯康造
水原浩一助川
千波丈太郎阿久津
豪健司宇田
谷謙一殿山
角梨枝子ユカ
島譲二高木
関耕四郎中村
甲千鶴時子
横江弘子和子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック