喜劇 駅前旅館

駅前旅館のあけくれと、番頭稼業を描いた喜劇。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます"生野次平は三十年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京に伝言を残すと発っていった。


解説

次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルコメディ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
製作補
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作主任
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
森繁久彌 (Hisaya Morisige)生野次平(柊元旅館番頭)
森川信柊元三治(柊元旅館主人)
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)柊元お浜(柊元旅館内儀)
藤木悠柊元梅吉(柊元旅館中番)
三井美奈柊元お京(柊元旅館女中)
都家かつ江柊元お松(柊元旅館女中)
伴淳三郎高沢(水無瀬ホテル番頭)
多々良純春木屋番頭
若宮忠三郎杉田屋番頭
フランキー堺 (Franky Sakai)小山欣一(添乗員)
淡島千景 (Chikage Awashima)お辰(辰巳屋女主人)
淡路恵子 (Awaji Keiko)於菊
左卜全相田(関西女子高校先生)
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)広見(四国男子高校先生)
浪花千栄子保健の先生(山田紡績)
若水ヤエ子女の先生(東北女高)
山茶花究カッパのボス株
大村千吉カッパA
西条悦朗カッパB
堺左千夫カッパC
水島直哉カッパD
小桜京子辰巳屋小女
谷晃山田(紡績所長)
三田照子芸者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック