HINOKIO

ぎゅっと抱きしめたい!――ぬくもりを求めて孤独な心が走り出す

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

事故で母親を亡くして以来、自室から出ようとしないサトル(本郷奏多)に、科学者の父・岩本薫(中村雅俊)は、自ら開発したロボット〈H−603〉を与える。サトルは〈H−603〉を遠隔操作して小学校に通うことに。初めて登校した教室で、材料に檜が使われていることから、その場でHINOKIOというあだ名がつけられる。早速、ガキ大将のジュン(多部未華子)が丈一(村上雄太)と健太(加藤諒)を従えてHINOKIOに近づいてくるが…。


解説

主人公の少年サトルは元々不登校だったが、母親が死んだことで、ますます孤立を深めている。父親への不信感でいっぱいのその心は固く閉ざされ、父親が投げ掛けるどんな言葉も彼には届かない。そこで、代わりに他人とコミュニケートするためのロボットHINOKIOの登場となるのだが、サトルがこの精巧な隠れ蓑をまとっている限り、誰もサトルに触れられないし、サトルもまた誰にも触れることができないというジレンマに陥る。これまで『FINAL FANTASY』などにVFXやCGで参加してきた秋山貴彦の初監督作は、ロボットと俳優たちを違和感なく共演させ、ロールプレイングゲームを取り込みながら淡い恋心と友情を描いているのだが、同時に、痛みを感じることが人間の証しなのかもしれないと気づかせてくれるのだ。


配給松竹
制作国日本 (2005)
ジャンルドラマ SF/ファンタジー
公式サイト公式サイトはこちら

2005年07月09日より丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にて



スタッフ

監督
脚本
脚本協力
原案
製作総指揮
企画協力
製作代表
プロデューサー
制作協力
絵コンテ
絵コンテ協力
HINOKIOメカデザイン
撮影
装飾
音楽
音楽プロデューサー
主題歌
録音
音響効果
照明
編集
衣裳
ビデオ・エンジニア
製作担当
チーフ助監督
スクリプター
視覚効果
HINOKIO FILM VENTURER
スチール
VFXプロデューサー
音響効果協力
操演
特殊造形プロデューサー
造形制作チーフ
アニマティクスプロデューサー
アニマティクススーパーバイザー

キャスト

俳優名役名
本郷奏多 (Kanata Hongo)岩本サトル
多部未華子 (Tabe Mikako)工藤ジュン
堀北真希 (Horikita Maki)昭島江里子
中村雅俊 (Masatoshi Nakamura)岩本薫
小林涼子 (Kobayashi Ryoko)高坂スミレ
村上雄太細野丈一
加藤諒平井健太
牧瀬里穂 (Makise Riho)坂上ユウキ
原沙知絵 (Hara Sachie)風吹夏子
原田美枝子 (Mieko Harada)岩本サユリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック