モディリアーニ 〜真実の愛〜

アンディ・ガルシアが、天才画家モディリアーニを熱演 エコール・ド・パリの空気感を見事に再現した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

第一次世界大戦後の1919年パリ、モンパルナス。カフェ“ラ・ロトンド”は新進気鋭の画家、小説家、詩人、そして彼らを取り巻く女たちで毎夜にぎわっていた。そこには成功者のピカソと、異端児モディリアーニの姿もあった。互いにライバル心を剥きだしにする二人だったが、ついにあるコンテストで対決することになる。モディリアーニは最愛の妻・ジャンヌをモデルに画を描き始めるが、酒と薬に溺れた長い日々は、彼の体を静かに蝕んでいた…。


解説

アンディ・ガルシアが悲劇の天才画家モディリアーニに扮し、画学生だった若きジャンヌとの激しい恋と、宿命のライバル・ピカソとの対決を描いた作品。20世紀初頭のパリといえば、世界中から芸術家が集まっていた黄金時代。本作品にもスーチン、ユトリロ、キスリング、コクトーと、美術ファンなら思わず興奮してしまう顔ぶれが続々と登場する。もちろんフィクションのエピソードもあるが、見事に再現された往時の自由な雰囲気は一見の価値あり。そんな熱に浮かれたような華やかさの裏で、転落の一途をたどるモディリアーニのみじめさが際立つ。ジャンヌ役のエルザ・ジルベルスタイン、ピカソの妻・オルガ役のエヴァ・ヘルツィゴヴァの、まるで肖像画から抜け出たような美しさも印象深い。


配給アルバトロス・フィルム
制作国フランス=イギリス=イタリア (2004)
ジャンルラブ・ストーリー ドラマ

2005年07月09日よりシャンテ・シネほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
撮影
美術
音楽
編集
その他

キャスト

俳優名役名
アンディ・ガルシア (Andy Garcia)Amedeo Modigliani (アメデオ・モディリアーニ)
エルザ・ジルベルスタイン (Elsa Zylberstein)Jeanne Hebuterne (ジャンヌ・エビュテルヌ)
オミッド・ジャリリ (Omid Djalili)Pablo Picasso (パブロ・ピカソ )
エヴァ・ヘルズィゴヴァ (Eva Herzigova)Olga, Picasso's Wife (オルガ)
ウド・キアー (Udo Kier)Max Jacob (マックス・ジャコブ)
イポリット・ジラルド (Hippolyte Girardot)Maurice Utrillo (モーリス・ユトリロ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック