駿河遊侠伝 破れ鉄火

駿河遊侠伝二作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

三好の吉左衛門一家を斬りまくって寺津を脱出した次郎長は、相棒髪常と共に武州高萩の万次郎親分のもとへわらじを脱いだ。次郎長はある日、賭場へ現れた甲府の甚太郎と名乗る旅人のいかさまを見破った。甚太郎はやくざ仲間では男として通っていたが、実際は女で、旅先で拾った、父を探す母娘おもとと、おつゆを連れて、いっしょに父鶴松の行方を探しているのだった。次郎長は、事情を聞いて同情し、三人に路銀を与えて逃してやった。この裁きにいよいよ惚れこんだ万次郎夫妻は、次郎長を代貸の座へ坐らせようとしたが…。


解説

子母沢寛の原作を「忍びの者 霧隠才蔵」のコンビ高岩肇が脚色、田中徳三が監督した駿河遊侠伝シリーズの二作目。撮影は「ど根性物語 銭の踊り」の宮川一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)次郎長
藤由紀子おちょう
水原弘
大辻伺郎髪常
浅香光代甚太郎
谷啓 (Kei Tani)小政
山本礼三郎寺津の治助
五味龍太郎大政
片岡彦三郎鶴松
中田ダイマル隅の隠居
中田ラケット倉三
吉田義夫般若の弥助
伊達三郎 (Saburo Date)大和屋玉吉
深見泰三鯉市
小林重四郎赤坂の八百蔵
里井茂八尾ケ嶽
日高晤郎 (Goro Hidaka)寺津の間之助
嵐三右衛門高萩の万次郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック