新遊侠伝(1951)

傑作任侠コメディ九州編!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

九州若松港で正義派の親分として知られた岡源の身内、加助と留吉とは加助は中学の野球部の主将兼投手、留吉が商業学校の主将兼捕手で争った時からのくせで、お互いのことになる意地を張ってゆずらなかったが岡源チームが他流試合をするとなると名バッテリー振りを発揮した。二人とも小料理「川太郎」のお仙ちゃんに惚れてゆずらないのだったが、岡源と仲の悪い橋伝組チームと試合のとき、二人はお仙の偽手紙で松源寺へおびき出され、危うく決闘するところ、途中で明日の試合を思い出して喧嘩は延期した。しかしその試合は、岡源と橋伝の大喧嘩でドロンゲームで終わった。


解説

『小説新潮』に掲載された火野葦平の原作を、「麗春花」の八田尚之が脚色して、「中山安兵衛」の佐伯清が監督に当たっている。永島一朗の第一回製作である。出演者の主なるものは、「消防決死隊」の小堀誠、「赤い鍵」の藤田進、「麗春花」の花井蘭子、「アマカラ珍騒動」の森繁久彌に、進藤英太郎、山本礼三郎、一の宮あつ子、それに原作者の火野葦平が特別出演。本作は物語の前半“九州編"に当たり、後半の“東京編"は「遊侠往来」の題で公開された。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1951)
ジャンル任侠/時代劇 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
小堀誠岡源
藤田進 (Susumu Fujita)加助
森繁久彌 (Hisaya Morisige)留吉
谷三平金平
高松政雄紋太
若月輝夫黒助
澤村昌之助ピン公
岡龍三ひょろ亀
進藤英太郎橋伝
山本礼三郎虎五郎
伊藤雄之助銀公
永井柳太郎乾分の源六
小坂まさるちょろ松
花井蘭子お仙
一の宮あつ子川太郎のお神
火野葦平審判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック