酔いどれ波止場

“酔いどれ"シリーズ第三作、名医ギョロ松が行く!!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

酔いどれ名医ギョロ松がふらりと姿を見せたのはある港町。そこでは般若の鉄五郎一家とヨザクラのトラマツ一家が港湾労務者のピンハネをして争い、円福寺の狸和尚は重要文化財の横流しをして警察署長や若い警官を手こずらせていた。さて、ギョロ松は美人のお吉の店で飲んでいた時、フグ中毒にかかったイダテンとキンタロー・ソロを助けたことから町医者オイボレ先生の医院に住むことになる。ギョロ松の荒っぽい診察は、治療効果絶大、大評判になり、医院は歴史的大繁昌。お吉と医院の一人娘光子は、ギョロ松にすっかり惚れ込んでしまい、何かと張りあう。一方、ギョロ松は、二組のヤクザの親分の名声欲を利用して、医院のスポンサーにしてしまった。競争意識に燃えた鉄五郎とトラマツは、その上、診察料を無料にしたから、医院はまた大繁昌。しかし、人気はギョロ松に集るばかりで親分たちの方といえば、財布の中身が減るばかり。ギョロ松の評判を利用しようとした間抜けさ加減にようやく気のついた親分たちは、ギョロ松を痛めつけようとするが、逆に海に投げ込まれてしまう。ギョロ松は、資金の乏しくなったヤクザに、さらに追いうちをかけようと、一計を案じるのだが…。


解説

「続・酔いどれ博士」の新藤兼人がシナリオを執筆、同じ井上昭が監督した、“酔いどれ"シリーズ第三作目。撮影は「殺人者」の竹村藤和。


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)ギョロ松
高田美和光子
横山道代 (Michiyo Yokoyama)おまん
岩崎加根子お吉
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)署長
藤岡琢也ヨザクラのトラマツ
丸井太郎キンタロー・ソロ
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)オイボレ先生
遠藤辰雄般若の鉄五郎
杉裕之下駄のイダテン
多々良純狸和尚
平泉征若い警官
森乃福郎無理入院の若者
勝村淳石松
南条新太郎板前のオッサン
尾上栄五郎職業安定所の所長
沖時男四十恰好の亭主
近江輝子四十恰好の亭主の女房
毛利郁子お七
橘公子少年の母
石原須磨男しわくちゃ爺さん
小林加奈枝しわくちゃ婆さん
堀川りょう (Ryo Horikawa)少年
土井まゆみ少女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック