十兵衛暗殺剣

印可状と守り刀をめぐる武士たちの熱き戦い!!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

神秘的なたたずまいをみせる琵琶湖・竹生島。湖上には、白鷺に喰い荒されて死を待つ五人の処刑者があった。処刑されたのは、湖賊の長六右衛門の娘美鶴と配下の源と近江之介だった。かつては水の忍者として恐れられた湖賊だが、支配者が代った今、公儀の力の前に衰滅の一途をたどっていた。一方、将軍家指南役をつとめる柳生新蔭流は、上泉伊勢守から柳生石舟斎につがれ、さらに独眼の剣豪柳生十兵衛三巌に受けつがれていた。しかし新蔭流を受けついだのは、石舟斎だけではなかった。同門松田織部正も石舟斎を凌駕するほどの腕を持っていた。しかし織部正は豊臣家の禄をはんだが故に野におかれた。幕屋大休は、この織部正の流れをくんだ剣術者だった。大休は、新蔭流正統を証明する印可状と守り刀を竹生島神社から奪い、そのまま江戸に足をのばし、柳生新蔭流に正面から挑戦した。これを知った将軍家光は、大休を斬り、印可状を奪うように十兵衛に命じたのだが…。


解説

紙屋五平の原作を「忍者狩り」の高田宏治が脚色「月影忍法帖 二十一の眼」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影は「紫右京之介 逆一文字斬り」のわし尾元也。


配給-
制作国日本 (1964)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
近衛十四郎柳生十兵衛
香川良介柳生但馬守
林真一郎家光
北竜二 (Ryuji Kita)松平伊豆守
内田朝雄 (Asao Uchida)庄田喜左衛門
大木悟郎出淵平兵衛
河村満和忍藤九郎
神木真寿雄倉森八十助
国一太郎箕作平三
鈴木金哉宝生緑之助
唐沢民賢泊角次郎
河原崎長一郎城所早苗
原京市河村周防
脇中昭夫工藤嘉次郎
岡田千代
宗方奈美美鶴
雲井三郎長近江之介
高杉玄朝妻の源
山本一郎菅の木又
木谷邦臣浦の郷兵衛
神戸瓢介田丸宗十郎
近江雄二郎津軽伯典
鷹司譲紀七尾理助
波多野博後宝綱
小田部通麿宮三蔵
源八郎与助
大友柳太朗幕屋大休
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック