喜劇 駅前飯店

「駅前旅館」「駅前団地」「喜劇 駅前弁当」「喜劇 駅前温泉」に続いて駅前シリーズの第五作!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

新橋・雷燕飯店のコック徳と横浜でラーメン屋をやっている孫は大の仲よし。徳はけい子という日本人の女房に、もう一軒店をもたせている。孫も日本人の女房をもち、二人の間には久美子という娘がいる。彼らは、貿易商をやっている周の親父から料理の教えをうけたのだった。ある日、周は孫の紹介で易占い紅生姜のところを訪ずれた。親父の遺産で徳や孫と共同で駅前飯店を経営しようというのだ。だが一緒に仕事をするには仲間が悪いというオツゲ。彼は共同をやめることにした。そんな決心をして帰った後、顔をだしたのは紅生姜の亭主で悪質な土地ブローカー。女史にこういわせたのは亭主林の仕業である。こんなことがあって以来、周と徳の仲は急に悪くなっていった。徳の家では女房のけい子が、彼女に内証で店を売り、林が客をつれて買いにきたというのだ。そんな折も折、香港にいる父親が死んだという電報が舞いこみ徳は香港に渡るが…。


解説

「風流温泉 番頭日記」の長瀬喜伴が脚本を執筆。久松静児が前作「喜劇 駅前温泉」についで監督した喜劇。撮影は「おへその大将」の黒田徳三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1962)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
森繁久彌 (Hisaya Morisige)徳清波
伴淳三郎孫五林
フランキー堺 (Franky Sakai)周四方
淡島千景 (Chikage Awashima)けい子
乙羽信子 (Otowa Nobuko)とめ
池内淳子 (Ikeuchi Junko)染太郎
森光子 (Mori Mitsuko)紅生姜
山茶花究林奇根
大空真弓久美子
高橋元太郎健太郎
杉幸彦村木五郎
三木のり平陳屯謝
淡路恵子 (Awaji Keiko)白川藤子
柳家金語楼陸金楼
沢村貞子金太郎
三原葉子洋子
岡村文子お花
村松恵子ぼたん
中原成男
小桜京子光子
田辺元
羽柴久善吉
伊藤正博柳永
米倉斉加年 (Masakane Yonekura)船員
加藤春哉
月野道代待合の女将
小野松枝婆あや
天津敏上田部長
川久保とし子個室の女客
沢村いき雄喫茶バーの主人
歌川千恵女中
永井柳太郎富三
王貞治王選手
大木伸夫市川英三郎
おさげ姉妹歌い手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック