妖怪大戦争

そうそうたる顔ぶれが、なんと妖怪役で登場!子供だけでなく大人も楽しめる、この夏イチ押しの娯楽作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

今年10歳になるタダシは、両親の離婚により母と鳥取にやってきた。しかし最近ボケ気味の祖父には翻弄され、クラスメートにもなじめていない。そんなある日、夏祭りで「世界に平和をもたらす正義の味方」麒麟送子に選ばれたタダシは、なんと妖怪の姿が見えるようになってしまう。同じころ、人間に深い恨みを持つ魔人・加藤保憲は、捕獲してきた日本古来の妖怪と怨霊を混ぜ合わせ、新種の悪霊“機怪”を作り出し、世界壊滅を目論んでいた…。


解説

河童に天狗、一反木綿に雪女…。日本人なら誰もが知っている、怖いようで愉快な妖怪たちが大集結する冒険ファンタジー。「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるを始め、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきという当代随一の作家陣がプロデュースチーム「怪」を結成し、企画段階から参加したことでも話題を呼んでいる。主役は名実ともに日本一の子役・神木隆之介。タダシの祖父役の菅原文太や、魔人・加藤保憲役の豊川悦司もさすがの存在感を放つが、やはり注目は妖怪たち。近藤正臣、阿部サダヲ、竹中直人、主題歌・挿入歌を井上陽水と歌った忌野清志郎など、そうそうたる顔ぶれが特殊メイクで登場する。なかでもナイナイ岡村隆史の変身ぶりは、本人とわからないほど。三池崇史監督の手腕が光る、大人も大満足の娯楽作だ。


配給松竹
制作国日本 (2005)
ジャンルSF/ファンタジー 
公式サイト公式サイトはこちら

2005年08月06日より丸の内ピカデリー2ほか全国にて



スタッフ

監督
脚色
原作
製作総指揮
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
音響効果
照明
編集
衣装デザイン
アソシエイト・プロデューサー
助監督
その他
スチール
特殊メイク
出演(声)

キャスト

俳優名役名
神木隆之介 (Ryunosuke Kamiki)稲生タダシ
高橋真唯 (Takahashi Mai)川姫
栗山千明 (Kuriyama Chiaki)鳥刺し妖女アギ
豊川悦司 (Etsushi Toyokawa)加藤保憲
菅原文太 (Bunta Sugawara)稲生俊太郎
近藤正臣 (Masaomi Kondo)猩猩
阿部サダヲ (Sadao Abe)川太郎
岡村隆史小豆洗い
宮迫博之 (Hiroyuki Miyasako)佐田
南果歩 (Minami Kaho)稲生陽子
成海璃子 (Riko Narumi)稲生タタル/のっぺらぼう
佐野史郎 (Shiro Sano)「怪」編集長
宮部みゆき宮部先生
大沢在昌読書好きのホームレス
徳井優 (Yu Tokui)駐在
板尾創路 (Itsuji Itao)たこ焼屋のアナウンサー
ほんこん屋台のオヤジ
田中要次 (Yoji Tanaka)よういちの父
永澤俊矢 (Toshiya Nagasawa)安倍晴明
津田寛治 (Kanji Tsuda)大人のタダシ/タダシの父
柄本明 (Akira Emoto)牛舎の農夫
花原照子老農婦
萩原利映嫁農婦
Erico (Erico)よういちの母
吉野憲人少年の佐田
渡部翔よういち
西村陵かずお
山崎宗一郎なおき
足立弾ぶん
瀧本勝代遺影
伴遼太遺影
田口正浩一本タダラ
遠藤憲一 (Kenichi Endo)大天狗
根岸季衣 (Negishi Toshie)砂かけ婆
三輪明日美ろくろ首
吉井怜雪女
蛍原徹豆腐小僧
石橋蓮司 (Renji Ishibashi)大首
忌野清志郎ぬらりひょん
竹中直人 (Naoto Takenaka)油すまし
荒俣宏 (Hiroshi Aramata)山ン本五郎佐衛門
京極夏彦神ン野悪五郎
水木しげる妖怪大翁
塩田時敏魍魎/牛頭
NORIYASU撥鬼
荒俣泰子飛緑魔
武良悦子柳婆
松久保頼子鍛冶が媼
今井久美子姑獲鳥
藤倉みのり化け猫/毛倡妓
マメ山田野寺坊/小鬼
赤星満雨降り小僧/百目
いか八朗納戸婆/小鬼
舟山弘一塗り壁
玉槁健太袖引き小僧
広野健至三つ目小僧/一つ目小僧
大竹博之木霊/かみきり
NC赤英かみきり/烏天狗
播田美保震震
藤山信雄手の目
四方宗山童
高槻祐士生剥
森崎えいじ泥田坊
荒川真青坊主
関田安明瀬戸大将
小林大士おとろし/ぬっぺぼう
清水武子姥が火
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック