成瀬巳喜男 記憶の現場

俳優陣、スタッフ陣が語る成瀬巳喜男監督の創作の秘密!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

監督の石田朝也は、留学先のパリで始めて『浮雲』を見て衝撃を受けたという。その彼と女性撮影監督の第一人者である芦澤明子。成瀬監督を心から敬愛する2人が、監督と現場を共にした監督ゆかりの人々にインタビューを敢行し、約80時間にも及ぶ膨大な量の記録をとった。そして一本の映画として命を吹き込まれたのが、この『成瀬巳喜男 記憶の現場』である。『めし』で初めて成瀬監督の作品に出演した小林桂樹。成瀬監督の遺作で、恋に揺れる女性を演じた司葉子。当時は助監督として成瀬監督のもとで研鑽を積んだ石井輝男監督ら、日本映画ファンにはたまらない内容であることは間違いない。また撮影風景や、成瀬監督の生前の姿などを収めた8ミリ映像が収録されていることも注目すべきだろう。8ミリ映像は東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵の白黒フィルム。もうひとつは「乱れ雲」演出中の成瀬監督を収めたカラーフィルムという大変貴重なものである。


解説


配給未定
制作国日本 (2005)
ジャンルドキュメンタリー 

2005年07月23日より新文芸座にてモーニングロードショー



スタッフ

監督
構成
企画
プロデューサー
撮影
音楽
録音
編集
その他
ナレーション

キャスト

俳優名役名
淡島千景 (Chikage Awashima)
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)
司葉子 (Tsukasa Yoko)
秋森直美
池田誠
石井輝男 (Teruo Ishii)
石田勝心
金子正且
黒岩義民
小嶋眞二
小谷承靖 (Tsugunobu Kotani)
須川栄三
竹中和雄
伴利也
福沢康道
三縄一郎 (Ichiro Minawa)
宮本陽弘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック