ベルベット・レイン 一般

香港映画界を代表する豪華キャストが贈る、男たちの熱い生きざま。スタイリッシュな映像美で、黒社会を描いた話題作

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

香港黒社会の大ボスのホンの暗殺計画が噂され、配下の三人のボスはお互いの腹をさぐり合っていた。ホンの弟分のレフティが跡を継げば、多くの血が流されることは明らかだった。その夜、ホンの妻が長男を出産する。病室を見舞うホンとレフティ。レ フティはホンに引退して家族と国外に出ることをすすめる。一方、レストランで働くイックは相棒のターボに誘われ、くじ引きで暗殺者を決める会場のディスコへと向かう。殺す相手の写真を見せられ、ナイフを渡されたイックは夜の町へと飛び出していく…。


解説

この映画では一夜を舞台に、香港を代表する新旧4大スターによる2つの物語が平行して描かれる。まず、大ボスのアンディ・ラウとその弟分ジャッキー・チュンの友情と確執の物語。かつては親友だった2人の心が、すでに遠くなっている。ジャッキーの 暴走を冷静に止めようとする兄貴分アンディ。その姿にウォン・カーウァイのデビュー作『いますぐ抱きしめたい』で2人が共演したことを思い出す人も多いだろう。もうひとつが『インファナル・アフェア』シリーズでアンディとトニー・レオンの若き日を演じた、ショーン・ユーとエディソン・チャンによる成功を狙う2人のチンピラの物語。『インファナル〜』では2人の共演シーンはわずかだったので、ファンはここでは十分に2人の掛け合いが堪能できるだろう。最後にその2つの話が1つになるの だが、そこには「ある仕掛け」が施されている。これは見てのお楽しみ。監督はそのスタイリッシュな映像美で、香港では第2のウォン・カーウァイと期待される新人のウォン・ジンポー。


配給日活
制作国香港 (2005)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2005年10月08日よりシネ・リーブル池袋、新宿トーア、銀座シネパトスほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
編集
衣装デザイン

キャスト

俳優名役名
アンディ・ラウ (Andy Lau)Hung Yan-jau
ジャッキー・チュン (Jacky Cheung)Left-Hand
ショーン・ユー (Shawn Yue)Wing
エディソン・チャン (Edison Chen)Turbo
ン・シンリン (Jacklyn Wu)Emiliy
リン・ユアン (Lin Yuan)Yoyo
チャップマン・トウ (Chapman To)Brother To
エリック・ツァン (Eric Tsang)Tall Man
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック