大盗賊

世界のミフネ、三船敏郎主演の時代活劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

泉州堺が日本唯一の海外貿易港として栄華を誇っていた頃、豪商呂宋助左衛門は海賊の嫌疑で捕えられ、樽詰めになって火刑に処せられたが、焼け落ちた樽から出て来たのは、−−御苦労、呂宋助左衛門−−と書かれた一行の紙。助左衛門は役人を売収し刑場を脱げだし、呂宋丸で洋上に乗りだしたのだ。島国日本に住みあきた助左衛門は“俺は濡れ衣を着せられたのだ海賊になるのもお面白い、南の海で夢を果すのだ”と南シナ海に乗り出した。途中、船が遭難し助左は賊宝と共に筏に乗り、漂流中に黒海賊に襲われて賊宝を奪われた。ある島に流れついた助左は仙人に助けられ、黒海賊を求めて町を彷皇したが、途中、山賊の美輪に会い仲間になるよう誘われた。が助左には目的があったのでそれには目もくれなかった。助左は町の人たちに領主の羅刹王の評判が悪いのに驚いた。そして王の娘弥々姫の行列に行きあい、姫の胸飾りが黒海賊に奪われた宝石である事に気づいて驚いた。姫の方も助左の態度に驚いて小衣を彼の前に落していくが…。


解説

「秘剣」の木村武と「のら犬作戦」の関沢新一が共同でオリジナル・シナリオを執筆、「独立機関銃隊未だ射撃中」の谷口千吉が監督した時代活劇。撮影は「五十万人の遺産」の斎藤孝雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
構成
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
三船敏郎 (Toshiro Mifune)菜屋助左衛門
船戸順明国公子
有馬一郎久米地仙
浜美枝 (Mie Hama)弥々姫
水野久美美輪
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)増尾
若林映子 (Akiko Wakabayashi)洗濯女
田崎潤 (Jun Tazaki)摺武
中丸忠雄宰相
志村喬羅刹王
長谷川弘近衛剣士隊長
佐藤允 (Makoto Sato)揚藩
砂塚秀夫大破
二瓶正也中破
大木正司小破
佐田豊町長
大村千吉行商人
向井淳一郎看守長
高橋実薬運びの小男
富田仲次郎天笠徳兵衛
中山豊竜神の市蔵
堤康久海神の仁兵衛
桐野洋雄雷神の三造
鈴木治夫風神の四郎
小杉義男老将
天本英世妖婆
金田栄珠巨人の大入道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック