関の弥太ッぺ

常陸の国結城在、関本に生れた、若くていなせな弥太ッぺは…

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

弥太ッぺは、十年前両親に死に別れ、祭りの晩にはぐれた当時八つの妹お糸を探して旅を続けていた。途中、甲州街道吉野の宿で、旅の娘お小夜が溺れかかっているのを救ったが、お糸のためにと肌み離さず持っていた五十両の大金を、お小夜の父和吉にすり盗られた。がその和吉も箱田の森介にきられ、お小夜を旅篭“沢井屋”に届けてくれと頼みながら息をひきとった。沢井屋の女主人お金は、緑もゆかりもない子供と拒絶したが、十三年前誘拐された娘の落し子と知って驚喜した。それから十年弥太ッぺは、お糸の病死を賭博田毎の才兵衛から知らされ、すさんだ生活に身をおとし、飯岡の助五郎一家の客人となっていた。笹川の繁蔵一家との喧嘩に加わった弥太ッぺは十両が縁で兄弟分の契を結んだ森かつて五介の姿をみつけた。一緒に大綱楼にくりこんだ弥太ッぺに、才兵衛は、お小夜の恩人を探してくれるよう依頼されたと話したが…。


解説

長谷川伸の同名小説より「虹をつかむ踊子」の成澤昌茂が脚色、山下耕作が監督した人情もの。撮影は「真田風雲録」の古谷伸。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)関の弥太郎
木村功箱田の森介
十朱幸代 (Toake Yukiyo)お小夜
上木三津子お小夜の子供時代
大坂志郎堺の和吉
夏川静江沢井屋お金
武内亨銀太郎
鳳八千代おすみ
遠藤辰雄吾作
岡村佐代子おてる
月形龍之介田毎の才兵衛
岩崎加根子お由良
安部徹 (Tooru Abe)飯岡の助五郎
沢村宗之助神楽獅子の大八
阿波地大輔小神楽の大七
中村時之介三崎の辰五郎
砂塚秀夫平木の豆鉄
遠山金次郎八木村の又吉
近江雄二郎高浜の源次
堀正夫笹川の繁蔵
藤川弘清滝の佐吉
浜田伸一外川の半コ
晴賀俊介多胡の赤太郎
村井京二郎夏目の新助
青柳亀太郎勢力の留五郎
坂本武桂川の茶店の爺
森美千代もよ
水野浩和尚
松本すみ江多摩屋の遊女A
井瀬昌代多摩屋の遊女B
芝崎みや子多摩屋の遊女C
中村錦司多摩屋の妓夫
牧淳子大網楼の女中
利根川弘大網楼・番頭
片岡半蔵たぬきの親爺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック