山の音

川端康成の原作を、「にごりえ」の水木洋子が脚色

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

六十二という齢のせいか、尾形信吾は夜半、よく目がさめる。鎌倉の谷の奥−−満月のしずかな夜など、海の音にも似た深い山の音を聴いて、彼はじぶんの死期を告げられたような寂しさをかんじた。信吾は少年のころ、妻保子のわかく死んだ姉にあこがれて、成らなかった。息子修一にむかえた嫁菊子に、かつての人の面影を見いだした彼が、やさしい舅だったのは当然である。修一は信吾が専務をつとめる会社の社員、結婚生活わずか数年というのに、もう他に女をつくり、家をたびたび開けた。社の女事務員谷崎からそれと聴いて、信吾はいっそう菊子への不憫さを加える。ある日、修一の妹房子が夫といさかって二人の子供ともども家出してきた。信吾はむかし修一を可愛がるように房子を可愛がらなかった。それが今、菊子へのなにくれとない心遣いを見て、房子はいよいよひがむ。子供たちまで暗くいじけていた。ひがみが増して房子は、またとびだし、信州の実家に帰ってしまった…。


解説

「あにいもうと(1953)」の成瀬巳喜男が監督。「愛人」の玉井正夫の撮影、「恋文(1953)」の斎藤一郎の音楽である。主な主演者は、「にごりえ」の山村聡、丹阿弥谷津子、長岡輝子、「東京物語」の原節子、「にっぽん製」の上原謙、「家族あわせ」の角梨枝子、「純情社員」の杉葉子、「恋文(1953)(1953)」の中北千枝子など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
チーフ助監督
助監督

キャスト

俳優名役名
山村聡 (Soh Yamamura)尾形信吾
長岡輝子尾形保子
上原謙尾形修一
原節子 (Hara Setsuko)尾形菊子
中北千枝子相原房子
斎藤史子娘里子
杉葉子谷崎英子
角梨枝子絹子
丹阿弥谷津子 (Yatsuko Tanami)池田
金子信雄 (Nobuo Kaneko)相原
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック