ラブホテル

ホテトル嬢とタクシーの運転手の愛を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

経営していた小さな出版社が倒産し、取り立てヤクザに妻の良子を犯された村木は、人生に絶望し、金で女を買い、凌辱した後、自殺しようと考えていた。ホテトルから名美という女がやってきて、村木は彼女に魅せられる。二年後、死ねなかった村木はタクシーの運転手をしていた。借金の取り立てが妻に及ばないように離婚していたが、良子は仕事帰りの村木を待つ習慣が出来ていた。そんなある日、二年前に出逢った名美を村木は、客として乗せた。海に行きたいという名美は、浜辺に着くと、海の中に入っていこうとする。名美を止めた村木は、自分は、あの時の男だと話した。自分のことを天使だという村木の言葉に揺れる名美だが、あの夜はヤクザに威されていたと嘘をつく。そして、タクシーに乗ったところがヤクザの事務所であると。実は、そこは名美の会社の上司、太田の家であり、妻子がありながら二人は不倫の関係を持っていた…。


解説

脚本は「ルージュ」の石井隆、監督は「魚影の群れ」の相米慎二、撮影は篠田昇がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1985)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
プロデューサー
撮影
美術
録音
照明
編集
選曲
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
速水典子土屋名美
寺田農 (Minori Terada)村木哲郎
志水季里子村木良子
益富信孝太田清
中川梨絵 (Rie Nakagawa)太田正代
尾美としのり (Toshinori Omi)助監督
木之元亮ヤクザ風の男
伊武雅刀 (Masato Ibu)タクシーの客
佐藤浩市 (Koichi Sato)若いタクシー運転手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック