眠狂四郎 女地獄

“眠狂四郎”シリーズ第十作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旅の途中、眠狂四郎は何者かに襲われて息を引きとっていった密使から、緋鹿の子しぼりの手絡を受取った。そのため、狂四郎は佐伯藩国家老堀采女正と、城代家老稲田外記の権力争いの渦中に巻き込まれていった。采女正派からは外記派の一人と信じられ、外記派からは密書を奪い去ったと誤解され、両派の刺客が狂四郎の身辺に現われはじめた。だが、狂四郎は、密書とは知らずに、手絡を角兵衛獅子のおちかに与えていたのだった。道中、狂四郎はひと目で女と分る男装の旅人に道連れになってほしいと頼まれたが断った。その直後、狂四郎は惨殺死体となったおちかを発見した。手絡は奪われていなかったが、それには「姫国表に向う」という隠し文字が谷川の水で浮び出ていたのである…。


解説

「やくざ坊主」の高岩肇がシナリオを執筆し、「残侠の盃」の田中徳三が監督した“眠狂四郎”シリーズ第十作目。撮影も「やくざ坊主」の森田富士郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1968)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)眠狂四郎
高田美和小夜姫
二代目水谷八重子 (Yaeko Mizutani)お園
田村高廣 (Takahiro Tamura)成瀬辰馬
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)堀采女正
伊藤雄之助野々宮甚内
安部徹 (Tooru Abe)稲田外記
渚まゆみしのぶ
三木本賀代杉江
しめぎしがこ盲目の女
草薙幸二郎関口
北城寿太郎渡辺
近藤宏遠藤
小瀬格矢部
藤山浩二浪人
五味龍太郎田所源次郎
南部彰三采女正の用人
寺島雄作刀屋
浜田雄史小林
水町由香里隠居所の女
丘夏子角兵衛獅子の娘
織田利枝子おちか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック