眠狂四郎 魔性剣

眠狂四郎シリーズ六作目!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

武家育ちの娘・佐絵は、狂四郎の辱かしめをうけて自殺した。翌日、狂四郎のもとに、大工の娘・お糸が佐絵の遺書と共に、その子鶴松を連れてきた。鶴松は、岩代藩の城主と、そのころ御殿女中であった佐絵との間にできた隠し子で、城主は一度は邪魔者扱いにして追放したものの世継ぎの出来ぬ今は、力づくで連れ戻そうとしていた。狂四郎は、お家のためには、幼い子供の将来をふみにじる武士道に激しい、いきどおりを覚えた。そんな狂四郎は、以前ふとしたことから斬りすてた伴蔵の妹おりんにつきまとわれていた。一方岩代藩の江戸家老・菊村外記は、そんな狂四郎の動勢を察して、いちはやく鶴松を捕え、岩代藩随一の使い手・赤石群兵衛を狂四郎にさしむけた。また狂四郎を亡きものにしようと殺意に燃えるおりんは、蛇使いの女・お艶や比丘尼の青華院に色仕掛けで狂四郎を誘い殺そうとしたが果せず、爆薬を狂四郎の持つ提灯に仕掛けた。が寸前、狂四郎はこれを見破るが。


解説

柴田錬三郎の原作を「眠狂四郎炎情剣」の星川清司が脚色「座頭市関所破り」の安田公義が監督した「眼狂四郎シリーズ」第六作目。撮影もコンビの竹村康和。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)眼狂四郎
瑳峨三智子おりん
長谷川待子お艶
明星雅子お糸
穂高のり子佐絵
若松和子青華院
須賀不二男菊村外記
北城寿太郎赤石群兵衛
五味龍太郎紋部三郎太
水原浩一大工政五郎
浅野進治郎 (Shinjiro Asano)中森瀬左衛門
稲葉義男水野忠成
伊達三郎 (Saburo Date)安西小十郎
橋本力津久田典馬
木村玄陣馬玄之助
藤川準片目の男(花火師)
橘公子舟宿女将
小村雪子中森瀬左衛門の娘綾路
荒木忍高垣将監
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック