座頭市の歌が聞こえる

“座頭市”シリーズ第十三作目

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

座頭市は高崎で殺気を漂わせた浪人黒部玄八郎とすれ違った。市はその日、宿外れでやくざに襲われた為吉を救ったが、すでに深手を負っていて、市に財布を託すと言切れた。市は盲目の琵琶法師と道連れになった。一の宮は祭礼なのに門前の店はほとんど閉じていた。おかん婆さんの茶店に入った市は、おかんが為吉の母だと知った。市は為吉の息子太一に財布を渡した。町の人は板鼻権造一家の暴力に悩んでいた。権造一家は市にいやがらせをした。市はやむを得ず居合の妙技を見せた。太一はそんな市に憧れた。市は宿場女郎のお蝶にあんまを頼まれた。二人は心の触れあうのを感じたが…。


解説

子母沢寛の原作を「若親分喧嘩状」の高岩肇が脚色、「新・兵隊やくざ」の田中徳三が監督した“座頭市”シリーズ第十三作目。撮影は「刺青(1966)」の宮川一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)座頭市
天知茂黒部玄八郎
小川真由美お蝶
佐藤慶 (Kei Sato)板鼻の権造
浜村純琵琶法師
吉川満子おかん
小村雪子お露
東三千お春
町田政則太一
水原浩一弥平
伊達三郎 (Saburo Date)半次
堀北幸夫虎松
木村玄為吉
玉置一恵金兵衛
藤川準亀五郎
西岡弘善伝八
石原須磨男一膳飯屋の爺さん
薮内武司高崎のやくざB
黒木英男高崎のやくざA
谷口和子亀五郎の女房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック